クラウン(crown)

TOYOTA
クラウン
●価格帯:4,606,200~7,187,400円
●販売店:トヨタ店、一部トヨペット店 ●登場年月:2018年6月 ●最近の変更:-

プロフィール
 新型ではアスリートを引き継ぐモデルを「RS」、マジェスタの後継モデルを「G-エグゼクテイブ」とし、その他はロイヤルを継承。グレードは上からG、S、B(ターボのみ)となる。
 次世代型のTNGAプラットフォームを採用してハンドリングのキレの良さと安定感を高め、これからの高級セダンのスタンダードを示している。
 ハイブリッドはカムリのものを縦置きにした新型の2500cc・直4と、LSと同じ3500cc・V6の2種類を用意。ガソリン車は2000cc・直4ターボのみで、4WDは2500ccハイブリッドに設定する。
 ボディデザインはなだらかなリヤウインドーと短いトランクを持つ流行のプロポーションとし、RS系はマフラーを4本出しにして迫力を加えた。なおRS系には電子制御サスペンションを搭載。ドライブモードも5種類に増え、モードに合わせてメーター照明も切り替わる。
 インテリアはこれまで以上に質感を高め、Tコネクトナビを「全車に標準装備。8インチのディスプレイ画面と、タッチ操作するマルチオペレーション画面を縦に配置するのは同様だが、奥行きを配慮して視認性と操作性を両立させている。伝統のスイングレジスターは健在だ。
 自動ブレーキは次世代型トヨタセーフティセンスを全車に搭載し、後退時に歩行者も検知する機能が加わっている。

購入ガイド
 登場したばかりなので、本体値引きが渋いのはもちろん、納期遅れも発生しているためスケジュール確認も行うこと。用品値引きや下取り査定額の上乗せで値引き額全体のアップを目指す。スカイラインをぶつけながら、BMW・3シリーズやメルセデスベンツ・Cクラスとの競合もガッツリと行う。
値引き目標額15万円
競合車→スカイライン/BMW・3シリーズなど

ベストグレードを解説
2.5S Cパッケージ
5,157,000円(FR・電気式無段変速)
2500ccハイブリッドを中心に展開する
 ハイブリッドの最廉価グレードである2.5Sに先進安全装備とパノラミックビューモニター、カラーヘッドアップディスプレイ、スイングレジスターなどを追加した量販モデル。価格差は約18万円のプラスにとどめており、その上位の2.5Gはさらに約46万円アップなので、内容からすることこれが一番といえる。スポーティモデルでは2.0RSがベスト。新型シャシーは2000ccターボとの相性が良く、RSアドバンストとの差は先進安全装備が主となる。