プリウスPHV

プリウスPHV
●価格帯:3,261,600~4,222,800円
●販売店:トヨタ全店 ●登場年月:2017年2月 ●最近の変更:-

プロフィール
 プリウスをベースにしたプラグインハイブリッド車。EVモードでは2つのモーターしか使わないため、走行感覚はEVと変わらない。自宅や充電スポットでこまめに充電すれば、バッテリーモードでの走行距離を延ばせ、いざとなったらエンジンで発電することで電池切れの心配がいらないのがプラグインハイブリッド車のメリット。プリウスPHVのEV走行距離は国交省審査値で68.2Kmあり、ドライブには不足するものの、近所の買い物などでガソリンを使わない使用も可能だ。それだけでなくスムーズな走行感覚も、EVモードの大きな特長だ。
 ハイブリッドモードでの燃費はベースとなったプリウスと変わらないため、普通に使いつつ燃費の良さを味わえるが、後席中央が仕切られた4人乗りなので、一般的なクルマとは使い勝手が異なる。また、バッテリーを多く搭載する分、荷室は床面が高くなって積載能力はそれなりだ。
 S以外は11.6インチ縦型ディスプレイを標準装備し、ナビゲーションやエアコン操作、充電スケジュール操作などに利用できるので先進感を味わえる。
 先進性と購入後の維持コストの安さではプリウスを凌駕しているものの、ナビ代を合わせて
約100万円の価格差は大きい。それでもスムーズなEVモードの走行感覚が肌に合う人ならば、支払った分の対価は取り戻せるほど、その差は大きい。

購入ガイド
 販売は苦戦傾向が続いている。車両本体価格は値引き余力が少ないので、攻めどころは用品値引きや下取り査定額の上乗せとなる。トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店での同士競合をメインにして、アウトランダーPHE∨やリーフとのライバル競合も展開させる。
値引き目標額17万円
競合車→アウトランダーPHEV/リーフなど

ベストグレードを解説
Sナビパッケージセーフティプラス(特別仕様車)
3,730,320円(FF・電気式無段変速)
上級グレードのAもと損得を判断して選択を
 Sナビパッケージより約6.4万円高で誤発進抑制機能を持つインテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、ETC2.0車載器、AC100Vのアクセサリーコンセントが備わり、ステアリングとシフトパネルの白加飾が黒加飾になる。S系グレードには設定されない先進安全機能が加わるのは大きなメリットだ。後半2機能のオプション代だけでも約10万円なので、Aを検討している人もこちらと比較して判断した方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です