トヨタプリウス

プリウス
●価格帯:2,429,018~3,394,145円
●販売店:トヨタ全店 ●登場年月:2015年12月 ●最近の変更:2017年11月一部改良

プロフィール
 4代目となるハイブリッドカーの代名詞。1800cc+モーターのユニットは全面的に改良され、燃費仕様のEは40.8Km/l、メイングレードもFFで37.2Km/lと高い水準を誇る。TNGAに基づいた次世代型プラットフォームを採用し、ボディ剛性アップや、リヤにダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用するなどして、走行性能と共に乗り心地を向上させ、基本性能を磨き上げたのもアピールポイント。ツーリングセレクションは17インチホイールを装着する分、ハンドリングの良さを体感しやすい。
 内装デザインも先進的で、クールグレーと呼ぶ白に近い内装色を設定。4.2インチモニターを横に2つ並べたセンターメーターにさまざまな情報を表示し、Aグレード以上はカラーヘッドアップディスプレイも装備。上位のAグレードにはPHVと同じ縦型ナビもオプション設定され、より未来的なデザインが選べる。オプション代は約35.5万円~と高価だが、プリウスならではの未来的な雰囲気が高まることは間違いない。
 先進安全装備のトヨタセーフティセンスPをA以上に標準装備するが、誤発進抑制機能が備わるインテリジェントクリアランスソナーが同時装着されるため、サポカーS・ワイドに準拠する。その半面、S、EはトヨタセーフティセンスPしかオプション設定されない。

購入ガイド
 在庫車が豊富にあるので総値引き額では条件が拡大傾向にある。車両本体からの値引きと並行して、用品値引きや下取り査定額の上乗せも積極的に交渉したい。トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店での同士競合の他に、ノートeパワーもチラつかせて刺激しよう。
値引き目標額19万円
競合車→グレイス/ノートeパワーなど

ベストグレードを解説
Sセーフティプラス(特別仕様車)
2,609,120円(FF・電気式無段変速)
先進安全装備を絞ることで価格アップを適度に抑えた
 Sの約13万円高で、オプション価格が合わせて10.8万円になるトヨタセーフティセンスPとLEDフォグランプ、さらにSにはオプション設定されないインテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングワイパー、オートワイパーなどを装備し、内装の加飾もグレードアップする。それでもAに比べると斜め後ろの車両検知やカラーヘッドアップディスプレイが付かないが、価格差が約17万円あるのだからコスパは圧倒する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です